年中行事情報館

いろいろな行事に関する情報や雑学を紹介しています

穀雨とは?奥深い意味を知り、大地の恵みをもたらす雨に感謝しよう!

   

あまり聞きなれない言葉「穀雨(こくう)」。
カレンダーに書かれたこの言葉に「何の日?」と疑問を持った人も多いのではないでしょうか?
この穀雨は、穀物に恵みをもたらす雨の様子を表し、農作業をしている人には「今年も豊作でありますように!」と気持ちを新たにする日でもあります。
そこで今回は、
穀雨の奥深い意味を知り、普段の暮らしの中で感じる穀雨がどんなものかを見ていきましょう!

スポンサーリンク

穀雨(こくう)とは

穀雨(こくう)とは
穀雨とは、二十四節気(にじゅうしせっき)の1つで、春の雨で農作物が育むという意味があります。

※二十四節気とは、1年間を24つに分けた季節のことです。太陽の高度(高中低)によって、1年を「冬至」、「夏至」、「秋分」、「春分」の4つに分け、さらにそれぞれを6等分したことで計24の季節を表す名前が付けられています。

穀雨は、毎年4月20日頃になり、二十四節気での春にあたる季節(立春から穀雨まで)の最後の期間になります。
二十四節気の春
ちなみに、2017年の穀雨は4月20日です。

また期間を表すこともあり、この場合は穀雨(4月20日頃)から立夏(5月6日頃)の前日までの約15日間を指しています。

穀雨はどんな時期?

昔の人々は、二十四節気の季節(細かく分けることで得られる季節感)を暮らしに役立てており、特に、農作業のスケジュールを立てるのに利用していました。
穀雨も農作業を行う目安として利用され、この時期に種をまくと、春の柔らかな雨によって、よく成長するといわれています。
また田植えの準備をする期間に入り、稲作人は豊作を願い、気持ちを新たにする日でもあります。
現代でも地域によっては、田んぼに水を入れ、田植えの準備をしている風景を見かけるようになります。
(※稲を植える目安となるのは、二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」という時期です。芒種は6月6日頃で、以降、全国各地では田植え祭りが行われるようになります。)

また、穀雨の頃に降る雨によって、農作物に限らず、いろいろな生き物たちが活発に動き始めるのです。
虫嫌いな人にとっては、本格的なシーズンの幕開けといったところでしょうか(苦笑)

どうして雨が多くなるの?

3月下旬から4月上旬(年によって穀雨あたりまで)にかけて、長雨が降ることが多くなります。
「最近、雨の日が多くない?」と溜まった洗濯物から、雨の多さを感じている人もいるかもしれません。
この時期の長く降り続く雨のことを「春の長雨」と呼んだり、菜の花が咲く時期から「菜種梅雨」とも呼ばれます。

でもどうして、梅雨でもないのに雨の日が多くなるのでしょうか?
その原因は、大陸性または移動性の高気圧が北に偏ることで、本州南岸沿いに前線が停滞するからです。
春の長雨
しかし、穀雨の後は安定した晴れの日が続きやすく、日差しに力強さを感じるようになってきます。

春の雨を表す言葉

春の雨の呼び名
春の雨は、大地に眠るさまざまな命を呼び起こします。
そんな春の雨に情緒あふれる呼び名をつけて、日本人の心を育んでいます。
以下に、春の雨を表す言葉を紹介します。

百穀春雨(ひゃくこくはるさめ)
いろいろな穀物を潤し、芽を出させる春の雨のこと

甘雨(かんう)
草木を潤し、成長を促すような優しい雨のこと

催花雨(さいかう)
いろいろな花を咲かせる雨のこと

春時雨(はるしぐれ)
突然降ってきては止む、といった気まぐれな雨のこと

春霖(しゅんりん)
長く降り続く春の雨のこと

瑞雨(ずいう)
穀物の生長を促す雨のこと

菜種梅雨(なたねづゆ)
菜の花が咲く時期に降り続く雨のこと

次は、この時期に美味しくなる旬の食材を見ていきましょう!

穀雨の食べ物

穀雨の時期に旬を迎える食べ物があります。旬の食材は、美味しさも格別ですし栄養価も高くなることから、積極的に暮らしの中に取り込んできました。

ホタルイカ

北陸の富山湾で有名な「ホタルイカ」。
この時期になると、深海で生活しているホタルイカが産卵のために海岸付近の浅瀬に入ってきます。
新鮮な旬のホタルイカをお刺身や酢味噌がけにすると絶品です!

草餅

ヨモギを餅生地に練り込んだ「草餅」。
ぱくりと食べれば、懐かしい草の香りが口いっぱいに広がります。
草の香りには邪気を払う力があるとされ、縁起の良い和菓子です。

新茶

穀雨が終わる頃に八十八夜を迎え、八十八夜に摘まれる新茶を飲むと、一年間無病息災で元気に過ごせると言われています。
八十八夜とは、立春から数えて88日目にあたる日です。
その年の最初に出た新芽で作ることから「初物」や「一番茶」とも言い、若葉独特の爽やかさを感じるお茶を楽しみにしている人も多くいます。

最後にひとこと

豊かな自然の中で暮らしていると、「春の雨で草花が喜んでいる!」と感じる人もいるそうです。
都会では、そのような感覚は身に付きにくいものの、草花が華やぐ場所があります。
それは、ホームセンターのガーデニングコーナーです。
色とりどりの草花や野菜の苗が売られるようになり、華やかな光景はこの時期ならでは。
ふらっと立ち寄ってみれば、草花の喜ぶ声が聞こえてくるかもしれません♪

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 - 4月の行事, イベント , , , ,