年中行事情報館

いろいろな行事に関する情報や雑学を紹介しています

父の日プレゼント、父が似合うポロシャツの選び方!

   

父の日にポロシャツをプレゼントしようと考えている方も多いと思います。
これからの季節に活躍するポロシャツは、定番の父の日プレゼントであり、父親がもらって嬉しいプレゼントでもあります。
感謝の気持ちを込めて贈るわけですから、やっぱり似合うものを贈りたいですよね!
でも、どんなポロシャツが似合うのか悩んでしまうことはないでしょうか?

ということで今回は、
父がカッコよくなるポロシャツの選び方を紹介していきます。

スポンサーリンク

お父さんへのポロシャツの選び方

父の日のポロシャツ
ポロシャツは、夏の定番アイテムです。
何枚持っていても着こなしがきき、爽やかな雰囲気を出せるポロシャツは父の日にぴったりのプレゼントです。
でも選び方を間違ってしまうと、逆に野暮ったくなるので注意が必要です。

以下のことを頭に入れてポロシャツ選びをすれば、カッコイイお父さんになること間違いなしでしょう!

ポロシャツのサイズの選び方

ポロシャツをカッコよく着こなすためには、「サイズが体型に合っている」ということが重要です。
よくする間違いは、お父さんが太っているからと大きめサイズを選んでしまうことです。
これだとダボっとした感じになり、だらしない印象になってしまいます。
ポロシャツ特有の爽やかさを出すには、実はピッタリするぐらいのサイズがベストなのです。

そこでポイントとなるのが、①肩幅、②袖、③着丈の3点です。

肩幅

肩幅が体型より大きいサイズのものを着ると、肩が下がって見えシルエットが悪くなります。
お父さんの肩幅にぴったりのサイズを選ぶと、首から肩にかけてキレイなラインが出ますよ!

袖(そで)

袖が長く肘のあたりまで下がっていると、見た目が子供っぽくなってしまいます。
袖は上腕の半分ぐらいの長さがベスト!力強さを感じられます。

着丈(きたけ)

着丈が長すぎるとお尻が隠れてしまい、胴長に見えてバランスが悪くなります。
足も短く映ってしまいます。
着丈の長さは短めが良く、腰骨のあたり(ベルトの少し下)がベストです。

ポロシャツのカラーの選び方

お父さんが似合う色はどんなカラーでしょうか?
ずばり!どんな人でも似合うのが「白」です!!
「白色のポロシャツ」はどんなパンツにも合わせやすいカラーだからです。
いつもジーパンやチノパンを履いていたら、迷うことなく爽やかMAXの「ホワイト」で決まり!といっても良いぐらいです。
ただ真っ白は単調な感じになりやすいので、襟や袖にラインが入っているものや、手首にブレスレットでポイントが欲しいですね!

その他のカラーだと、以下のようなカラーコーデになります。
ポロシャツ定番カラーコーデ

定番カラーコーデ
①ホワイト×デニム
②ホワイト×チノパン(ベージュ)
③ネイビー(ホワイトボーダー)×デニム
④ブラック×ホワイト

白色以外なら、大人っぽく着こなせるネイビー。
単色ネイビーでもOKですが、ホワイトラインが入ったものはスッキリした印象になりオススメです。
ボトムはデニム(ポロシャツよりも薄い色)か、ホワイト系チノパンを持ってくると引き締まります。

他では、ブラックのポロシャツにホワイトチノパンも王道ですね!
少し太っているお父さんもシュッとしたシルエットになりますよ。

もちろん、ここで紹介したカラーコーデ以外にも、お父さんに似合いそうな色があると思いますので、想像しながらコーデしてみるのも楽しいかもしれません。

ポロシャツの生地による選び方

ポロシャツの値段は安いものから値が張るもの(ブランドものでは1万円以上)まで様々です。
この違いは何でしょうか?
ひとことで言うと「生地」の違いです!
もちろん「ブランドイメージ」というものも価格に含まれていますが、値段が高いポロシャツは、しっかりとした生地で縫製もきっちりされていますので、洗濯してもすぐにヨレヨレになることは少ないのです。

ここで「ポロシャツの生地」について見ていきましょう!

生地の素材の特性

値段が高いポロシャツの生地は「綿100%」のものが多く、安いものはポリエステルなどの「合成繊維」を使っている場合が多いです。
それぞれの特性ですが、
綿生地は、肌触りが良く、吸湿性があり涼しく感じます。洗濯すると縮みやすくシワになりやすいなど。
一方、ポリエステルは、速乾性があり洗濯しても縮みにくく、シワになりにくいなどです。

こういった素材の特性があるので、お父さんが肌触りを重視しているなら「綿生地」を、汗をかいてもすぐに乾く速乾性を求めているなら「ポリエステル」というように、ポロシャツに求めるものによって選ぶと良いでしょう。

生地の厚さ(着心地)

生地の厚さもポロシャツ選びには重要なことです。
一般的には、生地が薄いとTシャツ感覚の着心地になり、生地が厚いとしっかりとした着心地になります。

この生地の厚さは、生地の重さを表す「オンス(oz)」で確認することが出来ます。
オンスの数値が大きくなるほど、生地は厚くなります。

3.5オンス〜4.9オンス
軽くてTシャツのように着る場合は、3.5~5オンスあたりのポロシャツが最適です。
夏場は快適に過ごすことができ、値段が安めのポロシャツに多い生地の厚さになります。

5.0オンス〜7.9オンス
この厚みのポロシャツが一般的で、値段も中~高目になってきます。
父の日にプレゼントをするなら、しっかりした丈夫な生地の5~6オンスのポロシャツをオススメします。
このぐらいの生地の厚さになると、袖を通した際の安心感があり、生地の風合いも出るため、夏の旅行などのお出掛けにも大丈夫です。
ただ、カラーがホワイトの場合は、乳首が透けやすいので、もう少し厚めの生地を選ぶと良いでしょう!

最後にひとこと

ポロシャツをカッコよく着こなすには、ぴったりとしたサイズ選びが重要ですが、身体のラインが出るのが嫌でポロシャツを避ける人もいます。
例えば、太っているお父さんがぴったりサイズを着ると、ポッコリお腹が目立ってしまいます。
そういった場合でもお腹を隠そうとはせず、アクセや小物をプラスしてお洒落を楽しんでいる雰囲気を出していけば、周りにも印象が良くなりますし、逆に痩せているお父さんには、ポロシャツの中にTシャツを着ると身体に厚みが出て、シルエットがキレイになります。
このようにプレゼントを渡すだけではなく、いろいろとカッコよくなるコツなどもレクチャーしてあげれば、とても喜んでくれるのではないでしょうか?
素敵な父の日になりますように♪

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 - 6月の行事, 父の日 , , , ,