年中行事情報館

いろいろな行事に関する情報や雑学を紹介しています

母の日のプレゼント!喜ぶ化粧品の選び方は?

      2017/05/13

母の日に化粧品をプレゼントしようと考えている人も多いと思います。
お母さんには、いつまでも若々しくキレイでいてほしいですもんね!
しかし、いざ選ぼうと思うと、これがなかなか難しいものです。
「普段使ってるものは?肌質は?」や「今どんなものがお気に入り?」と事前のリサーチが必要ですし、単に化粧品と言っても、ものすごーく沢山の種類があって何を選べば良いのか分からなくなります。

そこで今回は、
母の日にもらって嬉しい化粧品の選び方について見ていくことにしましょう!

スポンサーリンク

母の日のプレゼント!どんな化粧品が嬉しいの?

母の日の化粧品
さて、お母さんはどんな化粧品をもらうと嬉しいのでしょうか?
もちろん気持ちがこもったものなら、どんなものでも嬉しいとは思いますが、どうせなら気に入ってもらえて、今後もずーっと使ってくれる化粧品を贈りたいですよね!

そこでまず、
沢山ある化粧品の中から母の日のプレゼントに向いているのは何か探っていきましょう!

化粧品は、大きく分けると基礎化粧品・スキンケア系とメイク系の2つに分けることができます。

基礎化粧品 ⇒ 化粧水や美容液、乳液、クリームなど。
メイク系 ⇒ 口紅やファンデーション、アイシャドウなど。

母の日にプレゼントするなら、基礎化粧品とメイク系のどちらの化粧品が喜んでもらえるのでしょうか?

プレゼントするなら基礎化粧品

母の日にプレゼントするなら、基礎化粧品(スキンケア商品)がオススメです。
お肌の悩みはさまざまで、年齢によってお肌の状態はどんどん変わってきます。
もしかしたら、今使ってるものがお肌に合わなくなっていたり、今のものよりもっと自分に合うものが見つかったりと化粧品を見直す機会にもなります。
なんといっても、お肌がキレイになれば、鏡を見るのも楽しくなりますよね!
それに「私の肌のこと心配して選んでくれた」と母に対する想いが伝わると思います。

一方、メイク系は好みがはっきり出ることから、良かれと思ったものでも相手には「ちょっと…」となるケースが多いみたいです。
もしメイク系を贈りたいのでしたら、具体的にどんなものが欲しいのかを思い切って聞いてみるのも良いと思います。
聞くのは「ちょっと…」という場合は、母の日などイベント限定や季節限定などの限定商品だと話題性もあり、そのことを伝えて贈るとお母さんも喜ぶと思います。

お母さんが喜ぶ化粧品の選び方

では、具体的な選び方をご紹介します。
ひとつの方法として参考にして頂ければと思います。

お母さんの肌質に合わせた化粧品を選ぶ

とても重要なことは、「お母さんの肌質に合わせたスキンケア化粧品を選ぶ」です!
乾燥肌に脂性肌用の化粧品を使っていては効果がないばかりか逆にお肌トラブルになってしまうことも。
ですから、お母さんの肌質を知るというところからリサーチしましょう!
一般的には、「水分量」と「油分量」で4つの肌質に分かれます。

「乾燥肌」⇒水分と油分がともに少ない
「脂性肌」⇒水分と油分がともに多い
「混合肌」⇒水分が少なく油分が多い
「普通肌」⇒水分が多く油分が少ない

パナソニックのサイトでは、30個の質問に答えるだけで肌質を診断してくれます。
お母さんには「ちょっとこれ面白いからやってみてー!」さりげなく診断してもらいましょうね♪
肌質診断
今では、自宅用の肌質チェッカーもネットで購入(2,000円程度)でき、きちんと測定してみるのも良いでしょう!

診断結果に基づいて、それにあった基礎化粧品を選んで下さいね。

日本人向けの化粧品を選ぶ

化粧品の広告には外国人のモデルさんが起用されていて、何となく海外モノの方が効果があるんじゃないかな?と思ってしまいます。
しかし、母の日ということでお母さんに化粧品をプレゼントする場合は、日本人向けに作られている国産がオススメです。
国産メーカーが作った日本人向けの化粧品は、日本人のお肌に合うように研究し作っていますので、品質の安全性や安心感があります。
逆に海外の化粧品に多いのが、美容成分が高濃度だったり日本では未認可成分が配合さていたりと、日本人の肌には刺激が強すぎる場合があり、プレゼントには不向きです。

トライアルキットを選ぶ

この化粧品がお母さんの肌に合うか心配だな~という場合、トライアルキットがあれば、それをプレゼントして使ってもらい、気に入ってもらえたら、通常タイプのものを贈るというもの良いかと思います。
トライアルキットだとお肌に合わなかった場合、「ちょっとこれダメかも~」とお母さんも言いやすいですよ。

いつも使っているブランドの商品ラインを選ぶ

もし、どの化粧品もピンとこないようでしたら、お母さんがいつも使ってるブランドの商品ラインから選んでみてはいかがでしょう!
特にお母さんの肌質が敏感肌の場合、贈った化粧品で肌トラブルを起こしてしまっては意味がありません。
その点、普段から使っている化粧品の商品ラインでしたら、「商品コンセプト」も同じであることが多く、お肌にあうケースが多いです。
またいつも使ってるシリーズということで安心感があり、お母さんも嬉しいのではないでしょうか。

最後にひとこと

母の日に化粧品をプレゼントすることは、単に喜んでもらうだけではありません。
プレゼントされた化粧品を使うことで、今よりお肌がキレイになり、毎朝メイクすることが楽しくなったり、人前に出ることに自信が出たりと、気持ちの部分まで素敵にすることが出来ます。
お母さんの笑顔が今以上に輝くいてくれると良いですね!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 - 5月の行事, 母の日 , , , ,