年中行事情報館

いろいろな行事に関する情報や雑学を紹介しています

青森ねぶた祭の宿泊予約を取る方法!満室で取れない場合はどうする?

   

東北三大祭りのひとつ「青森ねぶた祭」。
毎年8月2日から7日までの6日間行われ、夜空に浮かび上がる巨大な「人形灯篭(とうろう)」や「ラッセラー」の掛け声で飛び跳ねる「ハトネ」を見物しようと国内外から約300万人もの観客が押し寄せます。
そのため、お祭り周辺のホテルでは、何カ月も前から満室状態となり、なかなか宿泊予約が取れないのが現状です。
とはいえ、「どうしても見に行きたい!」と思う人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、
青森ねぶた祭の宿泊予約を取る方法(コツ)や満室で宿泊が出来ない場合について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

青森ねぶた祭のお宿事情

青森ねぶた祭の宿泊予約
青森ねぶた祭が行われる青森市の人口は約29万人。
お祭りが開催される期間には、その10倍もの観光客が訪れることになり、周辺の宿泊施設は完全にキャパオーバーとなってしまいます。
さらには、東北地方の主なお祭りは同じ時期に集中していることから、「青森ねぶた祭」を中心としたパックツアーが組まれやすく、事前に旅行会社が客室を確保することで、個人的に予約が取りにくくなっているのです。
(※最近は、ホテル側も公平にするために、予約を抽選式にしたり、予約の受付時期を別設定するなどを取り入れています。)

そんなお宿事情があるとは言っても、日本の夏を代表するお祭りだけに何とかして宿泊先を見つけ、見に行きたいですよね。
では、さっそく予約が困難な「ねぶた祭の宿泊」を攻略していきましょう!

宿泊予約を取る方法

とにかく予約が取りにくい青森ねぶた祭の宿泊。
多くの人は空き情報を探してPC画面とニラめっこしていますが、中にはサクッと予約を入れ、涼しい顔でねぶた祭を楽しんじゃう人もいます。
実は、ちょっとしたコツを知ることで、チャンスや選択肢が増え、条件のあう宿泊先をゲットできる可能性が上がるのです。
そんな方法をいくつか紹介していきます。(※必ず予約が取れるというものではないことをご了承下さいね。)

ツアー会社のプランに申込む

予算的に余裕があれば、ツアー会社が企画したプランに申し込むのも良いでしょう。
出発日によっては、7月に入ってからでも空きがある場合もあります。
ただ、ツアーによっては時間で行動することになり、自由度は少なく、ねぶたを堪能できるかはプラン次第です。
空きあるかだけでなく、プランの内容が納得できるどうかをよく吟味して下さいね。

早い時期に予約する

とにかく早い段階で予約を入れることがベストです。
利便性の良いホテルは、旅行会社が客室を確保していることが多いのですが、それでもホテル側は、個人のお客様用にある程度の客室を空けています。
宿泊施設によっては、1年ぐらい前から予約を受け付けているところもあり、とにかく早めに行動することが重要です。

抽選予約に申込む

最近では、ホテル側もねぶた祭の観覧客のために、抽選予約受付期間を別設定しているホテルもあります。
予約受付期間は、それぞれのホテルで設定していますので、間に合うようなら、チャレンジしてみる価値は大ありです!!

抽選予約しているホテル
ルートイン青森駅前
(※ルートインホテルズPontaVISAカード会員には、抽選ではなく先行予約も受け付けており、会員になる価値はありますよ。)
ホテルルートイン青森中央インター
(※ルートイン系列のホテルなので、ルートイン青森駅前と同じです。)

受付期間を別設定にしているホテル
アルファホテル青森
(※会員登録後、webサイト上にて受け付けています。)

キャンセル待ちをする

予約した宿泊を取り消すと、キャンセル料が発生するケースがあります。
キャンセル料が発生する日は、宿泊先のポリシーや予約したプランによって変わるのですが、押さえておく意味合いで予約を入れ、キャンセル料が発生する直前で宿泊を取り止める人もいます。
こういったことで、直前になってポンポンと空きが出ることは珍しくなく、2週間ぐらい前から小まめに空室確認をしたり、一軒一軒ホテルに連絡してみるのも良いでしょう。
キャンセルが出れば連絡してもらえるホテルがあるかもしれません。

遠方の宿泊先を予約する

市内のホテルが取れなくても、遠方や交通の便が悪いホテルだと空きがある場合があります。
現時点で空きがなかったとしても、市内ホテルのキャンセル待ちをしながら遠方の宿泊施設に予約を取っている人も多く、直前になって空きが出てくることも考えられます。

★市外のオススメのエリア

弘前市・黒石市・平川市方面
JR青森駅から電車で40分程のエリアですが、弘前ねぷたまつりが開催されていることもあり、人気のホテルは満室となっています。
ただ、黒石・平川あたりの旅館は穴場であり、温泉好きな人は一考する価値はあるでしょう。

三沢市・八戸市方面
JR新青森駅から新幹線で八戸まで約50分、青の森鉄道で青森から八戸まで約90分です。
さすがに、このエリアまでくると、7月中旬でも空きが出ています。
次の日の観光地がこの方面なら、前日入りを兼ねて泊まるのも良いでしょう!

民泊施設を利用する

民泊サイトといえば、「Airbnb」や「Home Away」などが掲載件数も多く、条件に合う宿泊先が見つかるかもしれません。
格安で泊まれると人気の民泊ですが、思わぬトラブルに巻き込まれたり、無許可の宿泊施設もあるため、利用する場合は十分に気をつけて下さいね!

素泊まり民宿を利用する

青森県民宿連合会には、昔ながらの民宿が登録されています。
大手宿泊サイトには登録されていない宿泊施設も掲載されていることから、直前でも空きがあることも。
素泊まりも可能なため、格安で泊まれるのも良いところです。
青森県民宿連合会の民宿

さて、いろいろ手を尽くしてみたけど、宿泊予約が取れない場合はどうしたら良いのでしょうか?
そこで最終手段の登場です!

宿泊予約が取れない時の最終手段

何軒も何軒もホテルや旅館をあたってみたけど、「満室で予約が取れない」、「空いていても予算が合わない」といったことが出てくるかと思います。
でも「どうしても見に行きたい!」とお考えでしたら、こんな方法もあるので参考にしてみてはいかがでしょう!

車中泊をする

車で見に行く場合は、車中泊という手があります。
寝るときには多少不便さは感じますが、案外何とかなるものです。
ただ、車を停める場所は迷惑の掛からないようにすること、もちろん交通ルールを厳守して下さいね!

レンタカーを借りて車中泊

電車や飛行機で現地入りした人は、レンタカーを借りて、車をお宿代わりにするのもありです。
人数が多い場合は、大きめワゴンカーを借りたりすると、ちょっとした合宿気分が出て楽しいかも!
この場合も停車する場所には十分気を付けて下さいね。

全国の格安レンタカーを一括比較・検索予約【skyticketレンタカー】

車中泊の高速バスに申し込む

夜出発して朝に到着する高速バスを予約するのはどうでしょう。
帰りも同様に利用すれば、現地泊はせずにねぶた祭りを楽しむことができます。
ただ、弾丸ツアー的な旅行になるので、体力がある人向けかもしれません。

ネットカフェを利用する

市内には数件のネットカフェがありますが、定番の仮眠スポットとなるため、早めに入店しておいた方が良いでしょう。
初めてのお店には、身分証明書が必要となるのでお忘れなく。
ネットカフェの場所は、スマホで検索するとすぐにヒットしますよ。

健康ランドを利用する

ねぶた祭の期間中、「あおもり健康ランド」は仮眠スポットになっています。
新青森駅より徒歩10分と便利な場所にあり、お風呂に入れて食事も仮眠もできるとなれば、言うことなしですよね。
さらに、プライベートルームを予約すれば、しっかり寝ることも出来ます。
詳しくは、あおもり健康ランドまで

これなら!というものがあったでしょうか?
もしお宿以外で寝る場合に、アイマスクがあると全然違いますよ。カバンに入れておくことをオススメします!

最後にひとこと

人形灯篭やハトネを間近で見ると、ねぶた祭の迫力がビンビンと肌に伝わってきます。
初めて見た人は「来年も見に来たい!」とファンになることも多く、なにを隠そう私もその一人です。
海外観光客も「Fantastic!」、「Great festival!」と、日本のお祭りの中でも青森の「ねぶた祭」が一番楽しいという声をよく聞きますし、一瞬にして気持ちを高ぶらせるお祭りは、世界を見渡しても「青森ねぶた」だけじゃないかと思うほどです。
という訳で、諦めないでお宿探しを続けて、ぜひ見に行って欲しいと思います。
帰る頃には「ラッセラーっ!」が口ぐせになっていますよ(笑)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 - 8月の行事, お祭り , , , , ,