年中行事情報館

いろいろな行事に関する情報や雑学を紹介しています

お月見をキュートに演出!ピンポンマムを使ったアレンジ!!

   

秋を感じる十五夜。
十五夜でのお月見といえば、お団子やススキを飾ることが定番ですが、今では秋の草花や洋花でのアレンジを飾ることも多くなりました。
アレンジしたお花を置くことで、情緒ある落ち着いたお月見が「ふわっ」と優しい雰囲気に変わることから、若い女性を中心に年々注目されてきています。
この時期のお花屋さんでは、秋の花々でお月見を演出したアレンジが豊富に並んでおり、特にピンポンマムを用いたキュートなお月見アレンジが人気となっています。
そこで今回は
人気のピンポンマムとはどんな花なのか、そして後半ではピンポンマムを使った月見アレンジを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ピンポンマムとは

ピンポンマム
ピンポンマムは、西洋菊の一種になり、まん丸いシルエットが特徴的でピンポン菊と呼ばれたりもします。
ピンポンマムの「マム」とは「菊」という意味で、菊の英名は、Chrysanthemum(クリサンセマム)と表記され「黄金の花」という意味があります。その昔、日本の菊が海外へと広がったことから、「黄金の国ジパング」のお花という意味もあるとのこと。
日本で「菊」といえば、お仏壇にお供えする花のイメージがありますが、海外で品種改良された「マム」は結婚式や成人式、またギフトとして親しまれています。
ピンポンマムは、白、黄、赤、オレンジ、緑とカラーも豊富なことから、浴衣や成人式の髪飾り、帯飾りとしても使われています。

名前の由来

ピンポンマムの名前の由来は、「ピンポン玉」のような丸いコロッとしたの菊(マム)からきており、名前の可愛らしさも人気がある理由です。

ピンポンマムの花言葉

ピンポンマムの花言葉は、「君を愛す」「私を信じて」「真実」「高貴」などです。
「君を愛す」「私を信じて」と愛の花言葉であるために、結婚式の飾り付けや花嫁さんのブーケに使われています。
また、「高貴」「真実」という花言葉には、菊の気高い美しさが由来したといわれています。

ピンポンマムのお月見アレンジ

中秋の名月をイメージした黄色いピンポンマムを使い、その周りにススキや秋の花をアレンジすると、グッと雰囲気のあるお月見アレンジになります。ススキだけを飾るのではなく、今年のお月見は可愛いアレンジで情緒を楽しむのも良いですね!
またマムは日持ちも抜群の花ですので十五夜の日だけでなく、その後もお部屋を柔らかく優しく照らしてくれますよ。
お月見アレンジ

出典:http://eshop.aoyamaflowermarket.com/

簡単なお月見アレンジ

お花屋さんの店頭に並んでいるアレンジも素敵ですが、ご自宅でもシンプルなお月見アレンジが出来ます。
ご用意するお花は、黄色いピンポンマムとススキだけです。
マグカップやピッチャーを花器(できれば白い容器)として使い、ピンポンマムを一輪、ススキは数本をさすだけで完成です。
ピンポンマムとススキの相性は抜群で、たったこれだけも可愛い雰囲気が出ますよ!
花器で困ったら、使い終わった香水の瓶でも趣のある器でもOKです。
どんな花器が合うのか考えて試してみるのも楽しいものです。

お月見アレンジのポイント

十五夜に近づくと、お花屋さんでも可愛いアレンジが並んでいるかと思います。
気に入ったものがあれば買って飾るのも良いですし、店員さんに相談してご自分でアレンジするもの良いかと思います。

お月見アレンジの基本は、満月に見立てた黄色のピンポンマムとススキで表現していき、そこに他のお花を加えることで、グッと情緒ある雰囲気を演出することです。

お月見アレンジのコツ
①ピンポンマムは低い位置にする。
②ススキで高さを出す。(すすきは後ろ側で高さを出すと良いです)
③ススキ以外に秋の七草を使う(紫色のキキョウや小さな花のが集まったフジバカマ、黄色に輝くオミナエシはアクセントして使い勝手が良いです)
④奥行きを出す。(自然の花がいろんな場所から生えているイメージをして手前や奥にも挿していく)
⑤左右対称にしない。
⑥使う器によってアレンジの大きさを決める。(器の高さ:器から出る花の長さ)をバランスの良いものにする。

※ご自宅用でアレンジする場合は、あまり身構えないで楽しんで下さいね!

また、お月見アレンジではないのですが、ピンポンマムでヒヨコやにわとりのキャラクターにアレンジするもの楽しいと思います。
小さいお子さんには、こういったアレンジの方が喜んでくれるかもしれませんね。

ピンポンマムを長持ちさせる方法

①マムは葉が腐りやすいので、水が浸かる部分はしっかりと葉を取ります。茎についた小さな葉も取り除きます。
②茎をカットする場合は、清潔な花ばさみを使います。手で折ると茎が細かく裂け、水揚げに効果的です。
③水は汚れやすいのでこまめに取り替えます。フレッシュフラワード(切花鮮度保持剤)を使うとより花もちが良くなります。

最後にひとこと

ビルに囲まれた都会でも、お花屋さんを覗くと秋を感じることができます。
この時期は、色鮮やかなマム(菊)がたくさん入荷されており、見ているだけで心が和みます。
今回は十五夜ということでピンポンマムを使ったアレンジにスポットをあてましたが、同じ時期の行事である、菊の節句(重陽の節句)や敬老の日のお祝いにもマムのアレンジは活躍してくれると思います。
今年はぜひ、お月見アレンジでキュートな夜を過ごして下さいね!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 - 9月の行事, イベント , , , ,